ガンダム・アルティメットオペレーションを自分なりに紹介。超自己満ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




MSN-04 サザビー


  《逆襲のシャア》でシャア・アズナブルが搭乗した機体で、ジオン系MSの集大成。
赤がめっちゃきれいなんスよ。玩具のような安っぽい赤でなく良い感じにシャドーがかけられていて・・・ホンマにキレイなんス。
 
 全体的なプロポーションはえぇんスけど、ポーズを優先したのか、スンゲーバランスが悪いっス。だから土台が付いてるんス。他のアルティメットオペレーションに比べたら非常に飾りづらい・・・


20070703025545.jpg


 ちょっとアップ。しかし最近の携帯カメラの性能は素晴らしいなぁ~。ちなみに前の写真より写りが良いのは、管理人がレベルUPしたんじゃなくて携帯の性能のお陰っス。

『携帯の性能の差が戦力の差ではないのだよ!!』(意味不明)

 フロントアーマーの【CD】のマーキング。シャアの本名キャスバル・レム・ダイクンのイニシャルなんスけど、小学校で習った音符に見えるのは管理人だけ??



 バックパックに装備されたファンネルポッド。ファンネルとポッドの間に微妙な隙間があるのは、射出前なんスかね?こーゆーお遊びっぽいところがめっちゃ好きっすネ。


20070703025441.jpg


  んで!大型シールドと ビームショットライフル装備っス!!シールドの黄色いマーキングは赤主体の中で映えるっス。CDのマーキングにしても、この辺にしても、忠実に再現されてていて、手に取った時はある意味感動モノっスよ。


20070703025413.jpg



 リヤビューっス。細かいディティールが何とも言えないっス。細かい!ホンマに細かいっ!!リヤアーマー、肘、バックパック、バーニヤ、いたるところに造形師サンの魂を感じるっス!


20070703025427.jpg


 サイドビューっス。こいつに関しては、ほぼ固定と見た方がいいっスね。こんなポーズ取ってるから変に稼働させたら、逆にカッコ悪くなっちゃいそう・・・


 今回は写真が多くなったっス。別に携帯が新しくなったからって、調子のって撮りまくった訳やないっスよ!!


 なんか最近書いてて、内容が似たり寄ったりになってる気がする・・・・・・・








MS-09F/Trop ドム・トローペン


 いかつくて、ごつい機体のドム・トローペンっス。ドムの改良機で、特に砂漠地帯などの熱帯地域に配属されてたこいつには、いろいろと局地戦用に適した装備がされていたみたいっス。

脚部についている筒状のホバー用サンドフィルター付き吸気口も忠実に再現。


20070624003825.jpg


 足の裏側っスね。分りづらいっスけど、ホバー機能らしきモノがしっかりあるっス。

どなたが考えたか知らんっスけど、この熱核ジェットエンジンはかなりの優れものと管理人はいつでも思うんス。だってザクⅡとかに比べて、重MSに似合わない位動きは速いし、普通のMSみたいにジャンプだの歩行だのが少ないから、膝部への負担がスゲー軽いと思うんスよ。

あっ機体の説明よりアルティメットオペレーションの説明をせなアカンっスね・・・


20070624003801.jpg


 全体的なプロポーションはGOODなんスけど、ヒートサーベルがフニャって曲がってるのが気に入らんっス。熱湯に浸けて~ってやれば直るらしいんで、今度暇なときやってみるっス。
ちなみに・・・足元に転がってるんは《ラケーテン・バズ》っス。


20070624003741.jpg


 このラケーテン・バズのモデルになったのは、パンツァーシュレック。この武装は好きっスねぇ。これが装備されていての《ドム・トローペン》!!申し訳なさ程度のシールドに、下向きに付いた弾倉。ゲキカッコヨスッ!!


20070624003842.jpg


 土煙りを上げ(実際には上がってないっスけど・・・)、今まさに一撃をお見舞いする瞬間の図・・・みたいな感じで撮りたかったんス。

 先回のνガンダムとドム・トローペンを見比べて思ったんスけど、UOってジオン系のMSのんがカッコいい!!かなりリアルなんっスよ!まぁ若干ジオニストっぽいとこあるし、偏った見方なんかもしれへんのスけどね


20070624003637.jpg

RX-93νガンダム


 《逆襲のシャア》でアムロ・レイが搭乗した機体っス。これはまだフィン・ファンネルが装備される前の機体なんスけど、これはコレでカッコいい!!

 腰をどっしり構えたポーズ、今にも脚部バーニアから火が噴出して飛んで行きそうな雰囲気が最高っスね!!見た感じ、重心が後ろの方にあって自立出来無そうっスけど、両足地に付けて安定感抜群っス。



νガンダム 反撃


 シールドで防御しながらビームライフル射撃・・・みたいな場面っスかねぇ。

 左肩とシールドにはしっかり《アムロマーク》が入ってるっス。シールでなくちゃんとした印刷?によるマーキング。この辺がアルティメットオペレーションの良いところっスね。


20070624003621.jpg


リヤビューっス。細めの腕、脚に大きなバックパックと腰アーマー。アルティメットオペレーションの特徴が良く出た商品っス。管理人には出来んっスけど・・・バーニアとか塗り分けたらさらにGOODではないかと・・・


 唯一気に入らない点があるっス。


νガンダム 正面


 個体差があるとは思うんっスけど、それがこの顔。小顔で良いんっスよ、良いんスけどあごの赤い部分が微妙。
 『何がアカンの??』って聞かれても、答えるん難しいんスけどね。なんか言葉に表せない所が微妙なんス。曖昧な表現でスンマセン・・・









ジオン公国軍初の量産型モビルスーツ MS-05BザクⅠ 通称旧ザクっス。

無骨で攻撃的な風貌、漢らしくてカッコいいっスね!!こいつはプラモとかで商品化されてるっスけど、全体的なプロモーションとか造形はこのアルティメットオペレーションが一番好きっス。







 ザクⅡのシールドを使った《スパイクシールド》。接近戦を主眼にして造られたこの機体ならではの武装と思うっス。それもしっかり再現、しかもダメージ付き!!写真では判りづらいんすけど、よく出来ていて内部の筋まで表現されてるんス。こいつには汚れや銃痕やダメージが良く似合うんスよ。






 今まさに、ヒートホークで切りかかろうとしている瞬間っス!パーツ差し替えで、マシンガン⇔ヒートホーク、好きな方を選べるっス。

稼動範囲はホンマに極わずかなんス。肩、上腕、手首、首、腰。
それでも、肩と上腕に変化を付けるだけで、上のようなカッコいいポーズが取れるんス。








 真下から見上げた風に撮ったっス。こんな感じに見えたんではないかと・・・なんか、ちょっと迫力あるなぁ




ORB-01 暁


 オーブにてカガリ・ユラ・アスハが搭乗、その後ムウ・ラ・フラガの乗機になった《アカツキ》っス。
前々からこのMGが欲しくて、一時は自分で作ろうかと考えていたんスけど・・・仕事上暇が無いんと、管理人には技術がないって理由で、今回もヤ〇オクにて購入!!しかもパチ組みでなく、小改造してある素晴らしい一品なんス。

改造箇所
  ・頭部アンテナの後ろの出っ張りをカットしてシャープに見えるように
  ・踵部分にメタルビーズでディテールアップ
  ・不知火パックの砲口をメタルビーズで作成
  ・ビームライフルの銃口をメタルビーズで作成

やっぱりMGはスタイル抜群でゴールドメッキがとっても映えるっス。






不知火パック


いつかは、こんな風に作れるようになりたいもんっスね・・・。時間に余裕が出てきたら、ストックしている《GP-01 Fb》で練習するつもりっス♪またそれは追々ってことで






大鷲パック


そろそろ飾るところをしっかり片付けんと・・・



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。